PHP|配列 array() 通常配列 連想配列

スポンサードリンク

スポンサードリンク

配列とは

array = 配列

配列 = 複数の値を格納することができる。

変数 = 単数の値を格納することができる。

配列は、複数の値を格納できる変数。

PHP5.4 (2012年3月1日)より配列の短縮記法の導入。

 

通常配列(配列)と連想配列

キーを数字で表記 → 通常配列

キーを文字列で表記 → 連想配列

 

PHP配列の命名ルール

1,変数名の前にはドル記号($)を付ける。

2,変数名の1文字目は英字又はアンダースコアを使う。

3,2文字目以降は英数字、アンダースコア。

4,英字の大文字と小文字は区別される。

 

構造

配列は複数の値を格納できる。

要素は2つの機能から構成されている。

1、添字(キー)

添字には整数又は数字を使う。

2、値

このキーと値のセットを要素(エレメント)という。

 

array()関数で配列を指定

参照:PHPマニュアル-array()

構文

array( ”キー” => ”値” , ”キー” => ”値” );

or

array( ”値” ,”値” ,”値” ,”値” ,”値” );

array()関数の詳細

 動 作 

配列を作成する。

 返り値 

パラメータに設定したものを配列として返す。

 引 数 

“値”

“キー”=>”値”

形式でカンマ区切りで記述。

array()関数を使ったコード例

 実装 

<pre>
<?php
$array1 = array("キー1"=>"値1","キー2"=>"値2","キー3"=>"値3");
print_r($array1);
$array2 = array("値1","値2","値3");
print_r($array2);
?> 
<pre>

 
出力
Array
(
[キー1] => 値1
[キー2] => 値2
[キー3] => 値3
)
Array
(
[0] => 値1
[1] => 値2
[2] => 値3
)

配列 通常配列

※PHP5.4以降の短縮形

構文

$配列名 = [

値1,

値2,

値3

];

自動的に0から始まる数字がキーに振り分けられる。

 

要素を追加 通常配列

構文

配列名[] = 値;
配列名[数値] = 数値;
配列名[]=’文字列’;

[]の中は、空か数値。
[]ないが空の場合は、配列の末尾に要素が追加される。

 

連想配列

キーと値をセットにして保存できる配列。

構文

$配列名 = [

キー => 値1,

キー => 値2,

キー => 値3

];

 

ダブルアロー =>

連想配列の時、キーと値を設定する時に使用する。

アロー演算子 -> とは違うので注意。

 

要素を追加 連想配列

構文

配列名[キー] = 値;
配列名[‘キー’] = 数値;
配列名[‘キー’] = ‘文字列’;

 

配列 値の取り出し

構文

配列名[キー]

<?php
print($配列名[0]);
print($配列名[1]);
print($配列名['文字列']);
?>

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク