PHPにおけるシングルクォートとダブルクオートの使い方

なわて投稿サムネイル

クォーテーションマーク

クォーテーションマーク quotation mark 引用符

シングルクォーテーションマーク single quotation mark  ‘

ダブルクォーテーションマーク double quotarion mark   ”

 

※原則文字列として文字を囲う場合は、シングルクォートを使う。

 

ダブルクオートを使う場合。

1,エスケープシーケンスを使用する場合。

<?php
//エスケープシーケンス

//ダブルクォーテーション
print("私の名前は\n");
print("\"なわて\"です。");

//シングルクォーテーション
print('私の名前は\n');
print('\"なわて\"です。');
?>

 

ブラウザーの結果

ダブルクォーテーション シングルクォーテーション
私の名前は “なわて”です。 私の名前は\n\”なわて\”です。

 

エスケープシーケンス

エスケープシーケンス 内容
\n 改行 ソースコード上◯ ブラウザー上❌
\$ ドルマーク
\’ シングルクォーテーション
\” ダブルクォーテーション

 

2,変数の値を展開する場合(文字列内)。

※変数を{}で囲む

<?php
$name='なわて';
//ダブルクォーテーション
print("私の名前は{$name}です。");

//シングルクォーテーション
print('私の名前は{$name}です。');
?>

 

ブラウザーの結果

ダブルクォーテーション シングルクォーテーション
私の名前はなわてです。 私の名前は{$name}です。

 

3,変数の値を展開する場合(タグ内)

※変数を{}で囲む必要がない。

<?php
$name2='なわてタグ内';
//ダブルクォーテーション

print("<h2>$name2</h2>");

//シングルクォーテーション
print('<h2>$name2</h2>');

?>

ブラウザーの結果

ダブルクォーテーション シングルクォーテーション
なわてタグ内 $name2