関数 function PHP

なわて投稿サムネイル

関数 (function) とは PHP

function = 機能

実現したい処理を実行するためのいくつかの命令をグループ化して、それに命名し定義したもの。

関数は予め定義されたものを使うか、前もって定義する。

命令を実行する場合は、関数を呼び出す。

引数をあたえ、処理を実行し、戻り値を返す。

関数の定義は、プログラムの処理の流れに影響しない。

どこに定義しても大丈夫。

 

関数の種類

ビルトイン関数

既に定義された関数。

 

ユーザー定義関数

スクリプトを制作する側が自ら定義した関数。

 

関数の定義

構文

function 関数名(引数,引数,・・){

処理

return 戻り値;

関数の呼び出し

引数がない場合

構文

関数名(引数)

 

引数が単数または複数の場合

構文

関数名(引数,引数,引数)

 

引数(ひきすう)とは

引数 = parameter

変数 = variable

関数の中で処理に必要な値、又は変数。

 

引数のデフォルト値

デフォルト値は、関数を呼び出した時に、引数を省略した場合に使用される値。

 

返り値・戻り値

関数は、処理が実行されて終了すると、その結果の値を、関数を呼び出した元に値を返す。

その値を返り値・戻り値という。

※値を返す場合はreturn文を使う。

※返り値がある関数もあるし、返り値がない関数もある。

 

マルチバイト文字列関数(multibyte)

関数の先頭にmbがつく

日本語の文字列のような、pc上マルチバイトを使って表現する文字列に対して処理を実行する関数。

 

関数のシグネチャ signature

シグネチャ 関数を説明するための書式

構文

返り値のデータ型 関数名(引数1のデータ型 引数1のサンプル変数名,[引数2のデータ型 引数2のサンプル変数名])

 

返り値のデータ型

mixed データ型が複数のケースの場合。

void 返り値がない場合。

 

引数の書式

引数のデータ型 参考となる変数名

データ型が複数のケースが有り特定できない場合はmixed。

引数が複数ある場合にはカンマで区切る。

[]内は、省略可能な引数=デフォルト値が設定されている引数。

引数が不要な場合 void。

参照渡しの場合 引数の変数名の前に&を付ける。

 

PHPの関数一覧

date_default_timezone_set()

date()

rand()

mb_convert_kana()