PHPの値の種類 データ型

なわて投稿サムネイル

PHPで扱うことができる値の種類 データ型

スカラー型

値の種類 データ型 概要
文字列型 string
ストリング
“(ダブルクオート)又は’(シングルクォート)で囲まれた文字。
命令文と区別するため。
例)’あ’ ‘1’ ‘A’
$変数 = ’1′; 計算式には使えない。
ブラウザに出力できる。
整数型 integer(int)
インテジャー(イント)
計算に使う数字として使用する場合。
21億まで
ダブルクオート等で囲う必要なし。
例)1  0  -10等
$変数 = 1; 計算式に使える。
浮動小数点型 float(double/real)
フロート
小数点
大きな数字
論理値型 boolean(bool)
ブーリアン(ブール)
true(真)またはfalse(偽)

値の自動変換

if分の条件式はboolean型のみを受け入れるためそれ以外の値のときには、TRUE又はFALSEに自動的に変換される。

FALSEに変換 TRUEに変換
整数の0 浮動小数点0.0 0以外の数字
文字列の”0” ”0” 以外の文字列
”” 空文字 ”” 空文字以外の文字列
要素数が0の空の配列。 配列で要素が1つ以上ある場合。
null

※false以外はすべてtrue

 

複合型

値の種類 データ型 概要
配列型 array 集合した複数の値を持つことができる型
オブジェクト型 object データと働きの集合

 

特殊な型

値の種類 データ型 概要
リソース型 resource データベースへの接続など外部リソースへの接続
ヌル型 null データと働きの集合