制御構文 PHP

なわて投稿サムネイル

PHPにおける制御構文

条件分岐

・if文

・if-else文

・switch文

 

ループ処理

・while文 ループ処理

・for文 初期値 更新処理を設定するループ処理

・foreach文 配列を利用するループ処理

 

条件分岐 if文 if-else文 switch文

if文

構文

if(条件式){

条件式がtrueのときに実行される処理;

 

値の自動変換

if分の条件式はboolean型のみを受け入れるためそれ以外の値のときには、TRUE又はFALSEに自動的に変換される。

TRUEに変換

・0以外の数字

・”0” と ”” 空文字以外の文字列

・配列で要素が1つ以上ある場合。

FALSEに変換

・整数の0 浮動小数点0.0

・文字列の”0”

・”” 空文字

・null

・配列で要素数が0の場合。

 

if-else文

構文

if(条件式){

条件式がtrueのときに実行される処理;

}else{

条件式がfalseのときに実行される処理;

}

※式とは、値・変数・演算子・関数を組み合わせたもの。

※{}の省略

{}内の処理が一つだけの場合は、{}を省略することができる。

但し、複数の場合は省略不可。

 

switch文

構文

switch(条件式){

case 値1:

条件式の値が値1の場合実行する処理;

break;

case 値2:

条件式の値が値2の場合実行する処理;

break;

case 値3:

条件式の値が値3の場合実行する処理;

break;

default:

式の値がどのcase文にも該当しないときの処理;

break;

※case文は複数設定可能。

default文は記述してもしなくても可。

 

ループ処理 while文 for文 foreach文

while文

構文

while(条件式){

条件式がtrueの間、ループする処理;

※開始処理や更新処理が不要なループ処理を実行する場合に使う。

 

while文をfor文のように使う場合。

 

カウント変数の設定;

while (条件式){

条件式がtrueの間、ループする処理;

更新・ループするたびに行う処理;

}

 

for文

構文

for(カウントする変数の初期値; ループを継続する条件式; 更新・ループするたびに行う処理){

繰り返し(ループ)処理;

(条件式がtrueの時に行う処理)

foreach文

構文

foreach(配列 as 変数){

変数を使った処理;

構文

foreach(配列 as キーの変数 => 値の変数){

キーの変数と値の変数を使ったを使った処理;