制御文 JavaScript

なわて投稿サムネイル

JavaScriptにおける制御文

・if文
・for文
・while文
・switch文

if文

処理を条件によって分岐させたい場合の文法。

【構文】if文

if( 条件){
条件がtrueの場合の時の処理
}

【構文】if文とelse文

if(条件){
条件がtrueの場合の処理
}else{
条件がfalseの場合の処理
}

【構文】if文とelse if文とelse文の処理

if(条件1){

} else if(){

}else{

}

for文

繰り返し処理を行うための制御文

【構文】 for文

for( 初期値; 繰り返す条件式; 値を増減させる式){

条件に繰り返す処理

}

 

while文

 

switch文

1つの対象に複数の条件を比較して処理を行うときに使う制御文。

【構文】switch文

swich(比較する対象の値A){

case  比較する値1:
比較する対象の値A===比較する値1がtrueのときに実行する処理
break;

case 比較する値2:
比較する対象の値A===比較する値2がtrueのときに実行する処理
break;

case 比較する値3:
比較する対象の値A===比較する値3がtrueのときに実行する処理
break;

default:
どのcaseにも当てはまらない場合に実行する処理
break;
}

continu文

 

break文