jQueryの基本

なわて投稿サムネイル

jQueryの基本構文

jquerystanderd

$(‘セレクタ’).css(‘プロパティ’,’値’);
「$(‘セレクタ’)というオブジェクト(モノ・命令の対象)に対して、.css(‘プロパティ’,’値’)というメソッド(命令)を実行する」
セレクタに:CSSと同様のセレクタを指定。
プロパティ:CSSのプロパティ。
値:プロパティに対する値。

 

jQueryオブジェクト $()関数

$()はjQuer独自の関数。
HTML要素を対象にして、要素を生成する。
jQueryオブジェクトとは
$()関数で指定した要素。

詳しくはコチラ

 

jQueryメソッド

jQueryメソッドとは、jQuery独自の命令
詳しくはこちら

 

イベント関連

構文1

(‘セレクタ’).on(‘イベントタイプ’,イベントハンドラ);

構文2

$(‘セレクタ’).on(‘イベントタイプ’,function(){
処理内容
});

 

イベント

ボタンをクリックしたり、要素にマウスが乗ったりした時の出来事。

 

イベントタイプ

イベントの種類。
※jQuery独自の文法なので、JavaScriptでは使用できない。

イベントタイプ 出来事
click 要素がクリックされた時
dbclick 要素がダブルクリックされた時
mouseover 要素にマウスが重なった時
mouseout マウスが要素から外れた時
mousedown 要素の上でマウスをクリックした時
mouseup 要素の上でマウスを放した時
mousemove 要素の上でマウスをうごかした時
hover 要素にマウスが重なった時
scroll 要素がスクロールされた時

 

イベントハンドラ

イベントが起こったときに実行する処理。